トップページ  ...過去ニュース

正光寺について
 |縁起
 |ご本尊
 |地蔵菩薩とは
 |寺宝
 |昔の写真
 |境内図

よくわかる「仏事」

「新春法話」 初詣に話した法話集です

行事の案内
 |初詣
 |初地蔵祭
 |春彼岸
 |施餓鬼
 |秋彼岸
 |七五三

厄除祈願

交通安全祈祷

地鎮祭

安産祈願

初参り

ご朱印











葬儀の紹介

 境内の花

アクセス

問い合わせ

【2019年3月21 春彼岸中日】
今年の彼岸は雨で始まりました。
桜の開花は、、、残念、まだもう少しでした。
そんな陽気の中、座る場所も見つけにくいほど多くの方がお参りにいらっしゃいました。
今年は子供たちの姿も見え、一生懸命お大師様のクイズを解いている姿はほほえましくもありました。
法要の始まる前には、恒例のいちごのムースを配ります。
もう8年くらい経つでしょうか。手作りで振る舞い、喜んでいただいてます。

また、12月に完成した正光寺の駐車場を手掛けていただいた、北袖商事さまに感謝の意を表して賞状と記念品を 贈らせていただきました。

  
  
  
  
  
 
 
【2018年3月21日 春彼岸中日】
せっかくの桜も咲いて、準備万端と思いきや...まさかの雨!
そして、寒い。
そんなお天気にも関わらず、大勢の檀家さんが集まって下さいました。
今年も金子農園のいちごを使っていちごのムース作りました。

  
  
 

【2017年3月20日 春彼岸中日】
今年は数日前の寒波がうそのような暖かい日差しに恵まれた彼岸となりました。
さまざまな生き物が目を覚まして地上に出てくるのと同じように、多くの方がお参りにいらっしゃいました。
申し訳ないくらいぎゅうぎゅう詰めのお堂で、お檀家さまにはご不便をおかけしてしまいました。
今年もいちごのムースは好評でした。

  
  
 

 
【2016年3月20日 春彼岸中日】
今年は三寒四温の寒い日に当たってしまったようで、日差しはあっても風が冷たい一日になりました。
にもかかわらず、朝早くから大勢の方がお参りにいらっしゃいました。
彼岸名物、地蔵札も賑わい、境内のお地蔵さんもいつになくおだやかな顔をしているように見えます。
今年も金子農園さんのいちごを使って「いちごのムース」を作りました。
甘すぎずご年配の方にも毎年好評いただいています。
今年は4年交代の役員の引き継ぎの年で、この3月で任期満了を迎えます。
その記念としてお大師さまの掛け軸を寄贈していただきました。
彼岸法要の前に役員一同と共にこの掛け軸に魂入れをし、正光寺寺宝の一つとさせていただきました。

  
  
  

【2015年3月21日 春彼岸中日】
今年は寒い彼岸となりました。
桜の開花とはいきませんでしたが、多くの檀家さまがお参りにいらっしゃいました。
地蔵札も多くの方が貼って行かれ、ご先祖様の供養をされていらっしゃいました。
住職の法話は、なぜか外に笑い声が聞こえてくるありさまで、賑やかな、穏やかな彼岸供養となったようです。

今年は檀家さんの金子農園さんのいちご使い、いちごのムースを作り、参拝者みなさまにお配りできました。
完熟いちごなので甘く、色も濃いため、いつも以上に好評でした。

  
  


【2014年3月21日 春彼岸中日】
昨日の寒さに比べ、今日は天候に恵まれたお彼岸となりました。
そのせいもあってか、多くの方がお参りにいらっしゃいました。
檀信徒以外にも地蔵札を貼りに来られたかたもいらっしゃいました。
今年は古谷前住職の23回忌の年でもあり、生前親交の深かった方などに塔婆を立てていただき、 彼岸法要に合わせて勤めさせていただきました。
また、今年も例年通りいちごのムースを作り、皆様に召し上がっていただきました。
桜はまだ咲きませんでしたが、春が待ち遠しい一日となりました。

   

【2013年3月20日 春彼岸中日】
このところの暖かさで彼岸に桜が咲いた庭を愛でながらの法要となりました。
暖かく穏やかな日になったためか今年の春彼岸は本堂からあふれ出るほどの檀家に 集まっていただけました。
手作りのいちごのムースも好評でした。
 
 

【2012年3月20日(火)春彼岸中日】
今年は春一番が吹かないまま寒い彼岸の中日を迎えました。
にもかかわらず本堂に入りいきらないくらいの大勢の方がお参りに来られました。
今年は先代杉本隆齊住職の33回忌にもあたり彼岸法要と合わせてお勤めしました。
それに合わせて修復された如意輪観音もお披露目されました。
 

いちごのムースを作りました。
金子農園さんのいちごをふんだんに使い、ムースの上にもいちごのフレッシュソースを 添えました。

【2011年3月21日(月)春彼岸中日】
 暑さ寒さも彼岸までとはいいますが、今日は朝から大雨。
 被災地には一刻も早くあたたかい春が訪れることを心からお祈りします。
 朝から大雨とはいえ、今日の彼岸法要には100人以上の檀家さんが集まりました。
 法要に先立ち、住職が東北関東大震災における真言宗智山派の末寺の現状報告をいたしました。
 合わせて義援金のお願いもさせていただき、快く檀信徒からご協力いただきました。
 集まったお金は、彼岸のお賽銭も含めて72,997円になりました。
 ご協力いただきました皆様に深く感謝申し上げます。
 この義援金は真言宗智山派の末寺で被災したお寺の檀信徒の支援や今後の  再建に使っていただけるよう京都の総本山智積院に納める予定です。
 これからも行事ごとに義援金を募っていく予定ですのでよろしくお願いいたします。
 

今回はいちご大福を手作りしました。
いちごは金子農園さんのいちごを使用しています。